秋が近い。そうだ遠征に行こう!~遠征のポイントとかダラダラ書いた~



002520
えーっと、そろそろ過ごしやすい時期になりつつありますが、ええ、行けてません、釣りに(怒)。やたら拘束されるので、もう隙を見て出陣しないとダメになっちゃってきてて、いつでも行けるからイイや!なんてノリでいると、気付いたらシーバスに1回しか行ってないとか異常w。無意味な子供の保護者参加イベント、やたら体裁重視の地域イベントなぞ取り辞めてしまえw。回覧板のアンケートが無記入で一周するとかねw。そんなん見直したいけど、誰かが騒ぐんだよなぁ。。。ま、ちょっと愚痴っぽくなって申し訳ありませんw。

そう、世界陸上が始まると同時に「ライザップ」のCMを良く見るようになったんだけど、嫁がずーっと「ライザック」と間違えてるので、ええ、腹筋だけは強いぜ、俺w。

 

1.オーバーナイトの移動100km超えくらいから遠征w

199407遠征の「定義」なんですが、それはそれは人それぞれなんですが、一般的には遠い場所でオーバーナイトしちゃうのが遠征だと呼ばれていると思いますw近所でオーバーナイトは遠征でもないし、俺の場合は県を跨いで(またいで)片道60kmとか移動して朝マズメをやって帰宅することもあるけど、それも遠征という感じがしないw。仮眠や一食したりすると、何となく遠征っぽいけどねw。ということで、この記事の遠征は、とりあえず「オーバーナイトの移動100km超えくらいから」くらいにしておきます。

 

2.まずは失敗した遠征での出来事を書いてみるw

  • 118641車が狭くて眠れない!
  • ガソリンスタンドが僻地なので少ない!
  • 飯がマズイ!
  • 想像以上に寒い!

というのが大変だった思い出ですねw。そう、実は遠征してる本人達は「小旅行」状態でして、釣果はバラバラだけど、ボウズだろうがシーバス上がろうが、むしろ釣果の印象は小さいw。普段から釣り慣れている連中で遠征すると、特に釣果以外の楽しい!大変だった!っていう思い出が強かったりしますw。

なので、順番に潰していくと、座って眠れない方は、車は大きいヤツで出来るだけ移動した方がいい。僻地で小回りが必要なところに車を入れるようなことは、出来るだけ事前にないようにしておく。ポイントをグーグルMAPで把握しておいたり、釣り雑誌の情報収集がジワるw。いざとなれば釣具を車の外に出して寝れるし(盗難が怖いけど・・)。寝袋で屋外で寝ようとしたけど、意外と寝れないのでオススメできませんw。ガソリンは満タン出発で!出来れば釣りするポイントを絞って、燃費と燃料で給油が必要かどうかを事前に知っておくと焦らない飯がマズイ!のはうーん、これも行き当たりばったりじゃなくて、事前にネット上の評判を2~3店舗メモっておくと失敗がないかなぁ~、とはいえ、僻地だとWEB上の評判も無かったりするので難しいかもですw。最後に想像以上に寒いのは、もうフィッシングジャケットやらインナーを増やしたり、寝袋は車内だと暖かくて快適ですw。毛布は嵩張る(かさばる)ような気がして試した事ありませんw。

 

3.逆転の発想w。釣り慣れてるなら「小旅行」ついでの釣りとするw

137609少し金が掛かっちゃうけど、秋ってことで「風呂」も気持ちいい時期だから、もう始めから旅館に泊まる計画を立てちゃうのがハズレない気もしてますw。寝床は必ず確保できるし、飯がマズイのは「旅館」であれば、僻地の食堂なんかよりは遥かに口コミは多いので事前に調べやすい。寒いってことも少ないだろうし、フロントにガソリンスタンドの場所や営業時間も聞けたり、そもそも旅館があるような場所は、釣りの現場なんかより交通整備がされてるので、その分、GSも近くにあるw。

さらに、ここからはパパ的発想なんですが、家族に「釣りの遠征に付き合え!」なんざ言い放ってもスルーされちゃいますが、「温泉でもいくか!食事も少しイイのを!」だと「アナタ素敵!」「パパ大好き!」と返ってきますww。そしたら「パパ」の釣り時間だけは確実に確保するように計画し、その時間に家族がブーブー言わないように、事前に暇潰しを探しておけるw。おお!記事を書きながら、俺って天才だな!と思いましたw。予算も出やすいなw。ははw。ということで、是非、参考にしてみてくださいw。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*