改めて「不漁アオリイカ」には戦術が必要になったと感じるエギングですた。。何とか1杯という日が続いてます汗。(2018/10/22)








こんにちは!ルアーマンです!

さて…。よーやくフ○★キンPTAから解放されたワイさん、

エギングにチカラを入れられる状況になりつつありますw

テント張りで俺を呼び出して疲れさせるんじゃねぇ!!!(真顔

という訳で、久しぶりの釣果記事なんですが、釣れないので不漁アオリイカシーズンの攻略記事になってますw

 

ここ1カ月ほど瀕死状態エギングが続いてますw

スタートダッシュは良かった今年のエギング。ハイシーズンを迎えつつあるんだけれども

県内の釣果を釣具屋、喫煙所の立ち話、釣り仲間、WEB上のブログ…

パッとしません。。

で、完全に死んでないのも気になりますよねw

現に海岸へ向かえば墨跡がある。誰かが釣り上げている訳ですが、とにかく、その量が少ないw

絶対にアオリイカと共存しない青物がいるのか?群が入ってくるタイミングと、アングラー達のエントリー時間にズレがあるのか、ベイトがエギからズレたのがトレンドなのか…。未だにハッキリしない日々が続きます。

ま、いずれ群が接岸してくるハズですw。気長に待ちましょう。9月なのに海岸に墨跡ゼロってのを

十数年前に経験したんですが、そんな鬼畜不漁の年でも、タイミングが狂ってますが、いつか群が接岸してくるもんですw

 

タックルは3.5号が中央値の通称「物干し竿」に変更、カッチカチでシャクってます!

はい、ワイさん情報なんですが、既に3.5号を中央値に設計されている、通称「物干し竿」にエギングタックルを変更しますた!

釣れる頃には3.5号が小さく見えるアオリイカしかいないハズですからねw

体形も人生もパワー系でございますので、ええ、カッチカチの曲がらないようなエギングロッドが大好きですw

手首が壊れたら肘(ひじ)の関節を使え!

肘が壊れたら肩があるじゃねぇか!!

というノリで、これからシャクっていきたいと思いますw。

まぁ、タックルの大小は飽きる頃にローテーションすべきでして、ええ、小さい世界から大きい世界、大きい世界から、また小さい世界をループしているルアーマンですw。ただ、やっぱり大柄な釣りで、かつ、硬い竿が好きですw。(何だか下ネタw?)

 

で、ここ数日、シャクってきた訳だけれども、いずれも1杯止まり…。海外旅行中の一見さんを拉致してるエギングw

今年の特徴、というか、エギングが「不漁」のあるあるですかね。。

釣れるけど同じ場所で連発しない。

一番、疲れちゃうパターンは

  1. 初めにエントリーした場所で1時間坊主
  2. 次に移動した場所では1杯あがって止まる、気付けは1時間
  3. さらに移動した場所で粘るも1時間坊主

ですねw。3時間で1杯コースあるあるですw。疲れが半端ない、釣果が満たされるモノでもないw

まさに写真の通りなんですが、釣れたアオリイカは海外(海岸)旅行中の一見さんの可能性が高いw

せめて集団で旅行してもらいたいもんですねw

大きさもマバラで、無駄にデカいのが1杯だけだったり、妙に小さかったりw

 

ってことで不漁な今年のエギングスタイルは…。

ずばり!!

「実績ありの場所を、実績ありのエギでランガン、釣れた後、3投以内に次が乗らないなら移動」

これで行きましょう!

身体の疲れが減りますw。それは同時に釣り具への負荷も下がるし、全ての効率が上がる訳です。

さらに…。釣れた場所で、釣れたエギを放るってスタイルのランガンなので、群が来たときにも対応できてるんだよねw。地味に凄いランガンなんです!

 

あ、釣果写真は載せておきますw。悲しいヤツもw





はい、まずはコレ。なかなか3.5号が小さく見えるサイズの良形ですた!重かったので抜くのが怖いギリギリサイズw

根掛かりが怖いところで、カンナ針に必ず海草が引っ掛かって返ってくる場所で、やや早めのフォール切り上げして、ビビりのエギングしてたら、表層でグググッ!と竿を曲げてくれましたっ!抱き方も完璧、墨もランディングして吐いてくれた!最高っす!

 

はい、つづいての釣果は「エギ」ですw。

エギそのものにエギが引っ掛かって上がるのは珍しいんですが、今回はラインごと釣れましたw

うーん、これは3年モノくらいかなw。分解が始まりそうな時期だったのかしらねw。ゴミ袋を携帯していたので、ちゃんと持ち帰って捨てましたw

 

ってことで、以上です!頑張ろ!エギング!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*