エギングの初心者あるある「下見不足」について。記事の終わりに近年のポイントを書いたぜっw!~河口はアオリイカにとって更衣室(笑)~


はいーっ!ルアーマンです!

さて、子供の保護者部会?ってヤツのライングループに
入っちゃったんだけど、ええ、お母様方は何にキレてるんでしょうか…
どうも見えない敵と戦ってる気がしてならないw

見てて不快になるので放置ですw。スマホ壊れた事にして退室しちゃおうかしらw





ってことで、はい、エギングの季節になりましたねぇ~、ちらほら地元でもタバコサイズが上がってきたということで、俺さんも準備を始めようと思います!

で、毎年、欠かさず下見するんですが、この下見が初心者だった頃と全く違う内容になってきたと感じたので記事にしてみましたっ!

 

ワイが最も得意なエギング。でも始めて2~3年は下見不足ですた

かれこれ初めてアオリイカを上げたのは何年前になるんだろうか…。20年前…かなw?

何だかよく分からないまま、釣りに関して先を行く友達を真似て真似て…。
選んだエギが、誰も選ばないモノだったようで、いきなり1番釣れるようになってますたw
思い切りシャクってたのも功を奏したのかしらね。

こんな感じが2~3年続いたので、とにかく友人頼みのポイント探しw
下見らしい下見は、殆どしてきませんでしたw。この漁港は釣れる!程度w

それでも釣れる年なら問題ないんだけど、その漁港で釣れないとフリーズw
人の多さも天候、トレンディーな釣り具も分からんまま、ただただ不人気スポットでシャクってましたw
そんな感じの下見感覚でしたので、釣果が良かったのか悪かったのか印象がないスタートでしたw

 

本題。下見は何を見ればいい?

論より証拠。墨跡を探せっ!見付けたら他の情報もゲット

これは定番ですね。この場所で確かに上がりました!という絶対的な証拠ですw
その場所では2、3日は釣果が出やすいと思いますw

んで、墨跡なんですが、1~3個程度だったら「奇跡の回遊アオリイカをゲット」の可能性もあるんですw。確実にアオリイカが溜まっている場合は、墨跡でグチャグチャですw
また、墨跡の偏りや、その先の海もちゃんと観察しましょう。河口なのか、ブイがある、常夜灯がある、そういったキーワードを増やせば増やすほど、エギングできる場所が広がります!

 

偏光サングラスは必ず持参した方がいい

偏光サングラスを持っているんだったら、下見の際に必ず持参して海の中を見ましょう。

ストラクチャだけなのか?今年の海草はどうなのか?サーフなのか?手前にベイトが居るか?で
エギングする時期、その日のタイミングが異なってくると思います。

ストラクチャが多いのであれば、エギンガーとしては底を取るのが怖いけど、アオリイカもベイトも
隠れられる場所が多い、つまり、烏賊は多いハズです。

海草が多いのであれば、釣りにならない場合が多いので、沈まないエギを選んで回避しましょう。
エギのフォール姿勢が崩れるほど潮が早い場合は…。海草地帯だと底を取ってもエギが取れやすいのが救いですねw

サーフや砂浜だったら、出来るだけ河口寄りに。ベイトを追うアオリイカが回遊するのを待つ場所になります。
個人的にマズメの捕食行動が旺盛なタイミングでシャクりたい場所ですね、ええ。大爆発しますからw

 

タコスミとの区別、あと陸地に海草

釣れたタイミングとか、個体が持ってる墨の量とかでも変わってくるんですが、
タコスミは「勢いがなく濃い墨汁を多く垂らした」ようなモノだと思って下さい。
アオリイカは「プシュッと出した勢いが分かる形で、かつ、色の濃淡が分かる」ようなモノです。

地元で聞いたんだけど、プロエギンガーが、他のエギンガーを釣れない場所に誘導させるために
墨汁を不思議な場所に振り掛けていた(略

下見不要な場所。つまり絶対にアオリイカが釣れる場所

烏賊が隠れられる場所。ちょっと人間と感覚が違うけどw

烏賊が隠れられる…。なら海草とストラクチャで間違いないです。それが多いと分かっている
場所なら下見は不要ですね。
ただ、アオリイカが「隠れているつもり」になってる場所もありますw
ブイの下に垂れるロープ周りと、掛け上がりですw

ブイは地上から目視で確認できるし、漁船の往来が激しい場所に必ず設置されてます。
掛け上がりは、天然のモノは難しいんですが、人工の場所だと、やっぱり漁港の
船の通り道ですね。ヘバりついて隠れているつもりになってるようで、かなりストック量が多いです!

 

ベイトがいる場所

これはアタリハズレがあります。主に常夜灯と河口です。

常夜灯は、ベイトが群がる場合が多いんですが、どうも海中から人間がよく見えるせいか
臆病なアオリイカが逃げてる場合があります。他のフィッシュイーターも多いし、下手すりゃ
ベイトすらいない場合もw。ちょっと賭けですね。

あとは河口。様々な魚達が群がりますが、注意しなきゃならないのは汽水という点です。

アオリイカは本能的に汽水エリアを避けます。理由は卵が浸透圧で割れるからと言われてますが、
どの世代のアオリイカも避ける訳じゃないんですね。子烏賊ちゃんは釣れます!凄く釣れます!

が、11月、12月くらいになるとパパママに成長するのか、河口を本能的に避けているような
気がしてます。こう覚えましょう「河口はアオリイカにとって更衣室」だとww。

小さい頃は男女の区別がなく使わない場合もある更衣室ですが、大人になると絶対に
異性の更衣室は入れません、否、入りませんw。

 

下見は海だけじゃない。釣具屋さんも含まれます

釣具屋さんに行くのも貴重な情報収集、下見と言えます!

エギがズラーッと並んでいて、ちらほら補充が追い付いてなかったり
欠品があれば、その年は釣れてる証拠です。マジで。ネットショップでは分からない点ですね。
ネットで気軽にエギが買える時代になって、値段も下がってきているせいか、店員さんは
エギが売れても…。あんまイイ顔してないですけどねw

んで、釣具屋さんで「どのエギが釣れるんだろうか」を聞いてもいいですが…
人柄とかもあるので、それをどう解釈するかは自己責任ですw

僕は良く釣れるエギを見付けたら、釣具屋さんにダーツ単位で買い付けるので…。
釣具屋さんのディスプレイされて売られているエギの雰囲気を参考にしてませんw

エギはフォール姿勢が命だと思ってますので、人気のエギは、ちゃんと整ってフォールしてくれてるハズですし
古いシリーズほど信頼度は高いと思ってます。新しいモデルのエギを購入するなら、少なくとも有名テスターさんが
ちゃんと上げているのを確認してから買います。

 

近年は「朝の年配アングラー情報」も聞き逃せない

近年、平日朝のエクストリーム・仕事前・エギング()すると感じるんですが
めちゃくちゃ年配エギンガーが増えてますよね。俺もああなりたい。。元気一杯です。

ただ、流石に足腰の負担が強いのが釣りですので、安全な海岸線沿いでのみ
見掛けます。そういう年配エギンガーさん、かなり釣りトークが好きな方が
多いので、ええ、是非とも声掛け、掛けられしてみてください。

貴重な釣果情報を山ほど聞かせてくれる場合があります!素晴らしい下見です!

ただし!

あまり話を聞き過ぎると、そのまま朝食に誘われたり、魚拓を見に自宅へ
誘われたりと、仕事に間に合わないことになっちゃいますので、そこは
やんわりお断りしましょうw。嬉しい&楽しい限りなんですけどねw

以上です!

商品、その他の記事を紹介

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

ラパラ(Rapala) ミノー エギ ストーム 五目ジグヘッド コイカタイプ 1.5号 ベイトセット GJEI15S-BTSET ルアー 林釣漁具製作所 エギ エギ 餌木猿 ネイチャー斉藤スペシャル 3.5号 ネイチャーナイトローズII 赤テープ デュエル(DUEL) EZ-SLIM 布巻 95mm BLRM

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(楽天へ)

STORM(ストーム) GJEI15S 五目ジグヘッドエギ コイカタイプ 1.5号 グローカラーセット GJEI15S-GLSET【あす楽対応】

林釣漁具製作所 餌木猿 ネイチャー斉藤 スペシャル ネイチャーカラクサ 緑テープ 3.0号

デュエル(DUEL) EZ-スリム 布巻 95mm LOBW(夜光オレンジブラウン) A1627-LOBW



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*