ずっと釣りを続けるためのトレーニングを考えましたっ!!



はい、こんにちは。ルアーマンです。まーったく釣りに行ってねぇ…。接待釣りは行ったけどw

と言いつつ、そろそろ秋の準備…。エギングとシーバスのタックルをジロジロを眺めながら…。さて、どうしようか~と悶々として過ごしてますw

んで、新しい釣りブログを探してたら「2012年からシーバス再開!現在55歳!」とか自己紹介に書いてあるアングラー、多いっすよねw

すげぇ伝わってくるものがあるw。仕事は自力で合間を作ってしまえば釣りに行けるんだけど、子育てだけは空き時間を作れないもんねw。それが一段落付いたら再開、分かる!!!

ってことで…。娘が中学生になる頃には…。俺さんもバリバリのシーバスアングラーとして復活することを宣言しておきますw!家に帰ってやらんぜw。まずはハイエースと寝袋を買います(笑顔

とはいえ身体はオッサン…。バディーはタルンタルンでございますので、完全復活に最低限必要とされる「釣りで使う筋力」だけは衰えさせないように…。記事を書きましたw。

重要度★☆☆:キャストする筋力

軽いメバリングやエギング、っていうか2~3時間で勝負できる釣りならOKが出る我が家なんですが、毎年、そんなに放ってないのにキャストの精度だけは落ちませんね。

ほんと不思議な感覚で、まるで自転車に乗るバランスみたいw。一度、覚えたら10年ぶりでも乗れちゃうみたいなのと、ルアーのキャスティングは同じなのかもしれません。

※イメージ図

ただ、やっぱり筋力低下に伴い、飛距離とキャスト回数が下がるのは感じますw

なので、ロッドを振り抜くスピードを上げるための「上腕三頭筋(腕の後ろ)」とスナップ回数、キャスト回数を下げないために「握力」は鍛えておかないとダメだと感じてます。

参考:上腕三頭筋を効果的に鍛えるダンベル種目のバリエーションについて【回答動画】

 

重要度★★☆:オフロードを移動する柔軟性

久しぶりにゴロタ岩などを歩くと、うん、転ぶよねw。先日のBBQで私、軽く転びましたw

転ぶ瞬間、若い時には感じなかった「身体の硬さ」みたいなのを感じましたw。

普段の生活では、身体を動かすとしても、歩く、階段を登る、座る、立つくらいですから、そら身体中の軟骨が「硬骨」みたいになっている訳ですw

※イメージ図

ハードなシーバッシングを50歳くらい?から再開するんだったら、この棒立ち状態は危険ですよね、釣りの場合は、ポイントに移動するまでがオフロード気味だったり、ファイト中はちょこちょこと足場が悪い場所を動きまわります。

なので、普段から身体は柔らかくしておきたいものです。怪我の防止にもなるし、トレーニングの怪我防止にも繋がります。

筋トレや有酸素運動を始めたら速攻で怪我、1度だけ経験ありですw

参考:ダンサーが考案 1日1回で体を柔らかくする全身ストレッチ

 

重要度★★☆:バランス感覚

オッサン・アングラーになると、とにかくバランス感覚が悪いため、ちょっと斜めになってるポイントでキャスティングするのだけで苦痛になりますよねw。

苦痛もあるけど、バランス感覚が鈍っているので、本能的な落下の恐怖みたいなのを感じますw。スパイクに頼るのも怖いんですw。履いてる意味がねぇ…w

※イメージ図

このバランス感覚なんですが、まぁ、何でもそうなんですけど、釣りに行けば鍛えられるんじゃねーの?って感じですが、オッサンですから…。その勢いで釣り向かってしまうと怪我じゃ済まない事も想定されます汗。

特にハイシーズンは、一級ポイントがゴチャゴチャするので、微妙なポイントから放る場合も多々ありますし、ウェーディングでは、このバランス感覚がなければ、もうね、本気で危ないw

なのでバランス感覚を保つ…。流行った「体幹トレーニング」だと情報が多いので、色々と役立ちそうですね。

参考:【体幹】1分で「体のバランス」が良くなるトレーニング

 

重要度★★★★★:立ち続けられる下半身の筋力

何度か別の記事にも書いたんですが、まー、引退したアングラーの方は、やっぱり足腰の衰えや痛みなどが、引退理由のトップになってるのでは?と感じてます。

とにかく座るどころか、タフなコンディションで立ってる必要があるのが釣りです。

安全で水平なところからルアーを放ってシーバスが釣れればいいんですが、やっぱり一級ポイントとなると、残念ながら人間がルアーを放りやすいような場所は少ないですw

※イメージ図

とにかく立って釣りするという行為を支えるのは「下半身」な訳です。ウェーディングで波や流れに耐え続けるのも「下半身」ですし、斜めのテトラの上に立って、とにかく水平をキープしようとするのも「下半身」です。

なので…。下半身トレーニングといえば、とにかく走る!今は完璧なデブなので、いきなり走ると関節がヤラれちゃうので、ええ、徐々に身体を軽くしながら…。

キツく走れるような身体を作っておく!下半身を野生化(意味深)しておくのが、ええ、中年アングラーが復活する最大のポイントだと思ってます。

参考:40代から格闘技を始める人に絶対にやっておいて欲しいトレーニング ~下半身・体幹編~

ってことで以上です!

 

商品、その他の記事を紹介

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

ウルトラスポーツ バランスボード 体幹トレーニング用 直径37cm, グレー ACEFITS スナップボール ブルー GOLDAXE ウォーターバッグ 体幹トレーニング トレーニング方法 器具 水 筋トレ シェイプアップ エクササイズ XM413


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*