ジギングが上達する簡単なノウハウを書いてみたンゴッ!!




はい、こんにちは。ルアーマンです。

もうね、ええ、各所で素晴らしい釣果が鳴り響いてますが、俺さんったら子供のアレがナニでそっちに振り回され続けて釣りできずw。何か会に入ると酒席が増えるよw!ってのが原因ですかね…。太ったしw

さて、ちょっくらハードにシャコシャコとジギングしたい俺さんなんですが、まー、ジギングってエギングやシーバスと比べて、やや敷居が高い感じがしてたので、今回は簡単なノウハウでジギングが上達する手法みたいな記事を書いてみましたっ!

一般的な釣りの上達方法をジギングに!

釣れた!の情報収集

はい、どの海にも必ずいる訳じゃないジギングターゲットの魚達・・・。よって情報収集は他のフィッシングと同じで欠かせません!!

特に場所選びが最も大事で、青物が入ってこない場所っていうのは、普段からジグを放っても、まず釣れないです汗。

とりあえず海に出向いて青物が釣れるのは奇跡に近いかもしれません。 なのでジギングする場所の選定を頑張りましょう!

※イメージ図

青物が捕食しやすい場所か、追い込まれる場所ですw。

浅瀬にも回ってきますが一般的には深場が狙い目です。深場はジグが動きやすいメリットもあります。

次に時間。意外とマズメを無視しても釣れるのがジギングです。

ジグが着水した場所の下では、ベイト達がマッタリと過ごしているのか、戦争でも起きてるように騒がしいかは分かりませんからねw

場所も時間も、ネットや釣具店だと怪しい場合があるので、是非とも足を運んで、自分の目で確認する癖を付けましょう!!

釣具屋さんの情報は正確なことが多いんですが、まぁ、古いのも多いので既に「終わった祭り」な事も。日時が分からない釣果情報には気を付けてくださいませっ!

 

道具の準備!

道具はジギングタックル一式を揃えちゃえばOKな訳なんだけれども、お金がなかったり別タックルで済ませたい場合があるかと思います。

※イメージ図

釣れるための道具、基本は2つです。

  • 釣果を良く聞くジグ
  • ジグをキビキビ動かせる固めのタックル

この2つが最重要ですね。ジグなんですが、なぜかコレが釣れる!と偏る場合があります。

研究するのもいいけど、とにかく釣果情報を集めながら「どんなジグを使っているか?」も調べて用意しておきましょう。

んで、あとは硬めのタックル。ジギングは、ジグを動かしまくってナンボの世界ですので柔らかいシーバスロッドや、小さいエギ専用のエギングロッドでは代用できません。

つか、実際に柔らかタックルでジギングすれば分かると思うんですが、ジグが本当に動きませんw。

柔らかタックルだと、1mシャクったのにジグは10cmも動かない、そんな悲しい状況では釣果も微妙です。是非とも固めのタックルでジギングしちゃいましょう!!

 

ひたすら真似てっ!

ジギングで釣れてる人のスタイルを真似ましょう!どんな風にジグを操作したらハマるのか!?を真似るのが基本です。

※イメージ図

経験的に、アクションの幅よりは、全体のリズムを真似た方が上手く行きます。

○○ジギングをユーチューブで学ぶより、釣れてるアングラーのリズムがベストです。

ボトムを取ってるのか?フォールでヒットしてるのか?見切られ防止の高速巻きなのか?

などなど繊細に真似るように努力してみてくださいっ!

 

ダメならジグサイズを落として!

周りの釣果も微妙で、連発もなく小ぶり…。そしてボウズが続く…。そんなときは、魚に「やる気」がないか、見切られてる場合があります。

※イメージ図

んで重いジグにアングラーが振り回されちゃってて、アクションを付けてる割にはジグが動いていない、海中では棒引きに等しいアクションになってる可能性がありますw

疲れてくると誰でもシャクり幅が小さくなるので、ええ、そんなときは思い切ってジグサイズを下げましょう!

ジグをキビキビ動かせるようになりますし、ジグの動くスピードも上がります!

そうなるとアピール力が上がるので、魚達のやる気スイッチ押しまくりですw!疲れてきた後半にオススメな釣法です!!

 

動きを大袈裟に!より太く、細く、光らせる!

ジギングターゲットである青物さんなんですが、ビックリするくらいに高速に泳ぐし捕食します。捕食できますw

で、どーも釣れないなぁ~と気分が下がってるときに、そう簡単に見切られ防止のアクションを入れられないですw。ジギングは疲れとの戦いでもありますからねw。

※イメージ図

そこで、ジグチェンジです。チェンジする前のジグに比べて、より太くするか、より細くするか、より光らせる、などのアピール力を上げるジグチェンジをオススメします。

ジグを太くすれば、それだけジグがブルブル震えるようになって、海中でのフラッシングが強くなります。

ジグを細くすれば、それだけ水中での抵抗が減るので、ジグが高速に動けるようになります。

フラッシュが強いのは、よりアピール力が増えますね。ホロのカット面を大きくするのもいいでしょう。

遠くの青物へもフラッシングが届くようになります。(ただし光の方向は単調になる)

いずれも見切られ防止&アピール力増強が目的です!

 

オススメ簡単テクニック集

カーブフォール

エギングと同様の手法が有効だったりします。ジグをカーブフォールさせてみましょう。

シャクってジグを海面付近まで持ちあげた後に、スラッグを取り払って竿先にラインテンションを感じる程度にリーリングするとカーブフォールが発動するかと思われます。

※イメージ図

カーブフォールのメリットは2つあると思います。

1つは、海中のどれくらいの高さでヒットしたかが分かる。次の釣果に直結できますねw!

もう1つは時間効率が上がるんですね。ジグが着底したら、まー、それを食いに来るとは考えにくいので、すぐさまリフトできます!近寄ってきた青物さんが遠くに行ってしまうのも防いでくれます!

 

重ジグ遠投&超早巻き!

あまりにも重いジグや、シャクり抵抗が強いジグだと、ぶっちゃけアクションを入れたところで海中では何の変化も生まれてない可能性「大」です。

だったら、いっその事、重いジグを思い切り遠投して、超早巻きしてみてください!見切っていた青物さんが、ベイトだと認識してくれてアタックしてくれるかもしれません!

※イメージ図

ポイントは2つ。1つ目は着水後にリーリングを開始するタイミングに変化を加えること。

着水5秒後からの高速リーリングと、30秒後からのそれは、海中の弾道が全く異なりますからね。

もう一つは…。流石に海面にジグが出てしまうと、釣果は出なくなってしまうと思われますので海面にジグが飛び出さないように、フォール時間とリーリングスピードを変えるのが重要です。

補足ですが…。重量ジグのキャストはPEラインが細いと指先を痛めます汗。充分にご注意ください!

 

深場を見付けたら…。手前だ!

コレねw

深場じゃないと青物は釣れない!って洗脳されてた時期があったんですが、意外と手前で上がるんですw。

結局、深場に青物は近寄ってきますが、捕食する場所は深場からの浅瀬にベイトを追い込む、つまり陸側だったりしますw

※イメージ図

シーバスと一緒で、青物だってピックアップで釣れる可能性が大いにある!とイメージしてジギングしてみてくださいっ!

こちらの注意点は…。まぁ、当たり前なんですが、浅場だとテトラが入ってたりして根掛かり率が上昇しちゃいますw。

ジグの特性上、丁寧にテトラを避けてリーリングしたりロッドを煽ったりするのは難しいので、ええ、浅瀬攻めはいいテクニックなんですが、やり過ぎ注意です!

ってことで、以上です!

商品、その他の記事を紹介

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

シマノ ロッド AR-C TYPE XX S1008M Jackson(ジャクソン) メタルジグ ルアー スプーンコンプリート改 77mm 28g ゴールドレインボー ドレス(DRESS) EVA×DRESS GRASPER Heavy 初号機.

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(楽天へ)

≪新商品!≫ シマノ AR-C タイプ XX S1008M 【保証書付き】 【ショップレビューを書いて次回使える送料無料クーポンGET】

ジャクソン スプーンコンプリート改 38g (ルアー ジグ スプーン)

[DRESS(ドレス)]GRASPER HEAVY [グラスパーヘビー] エヴァ2号機カラー「EVANGELION-02」EVA×DRESS エヴァンゲリオンコラボモデル釣具 フィッシュグリップ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*