魚が減ってる…らしい。釣りが出来なくなる「引き金」を個人的に書いた!


はい、ルアーマンですぅううああああwww

最近、絶叫から記事が始まってばかりのような気がしますw。っていうか、豪雪低温から、なかなか天候が回復しなくなったよねw。どうなってんのw?春一番はw?ああ、強風の日があったような…w。もう分からんw。

ここ1カ月ほど釣りには天候不良なのは間違いないですw。そろそろ釣りしたいムラムラも暴走しちゃいそうな俺さん、ブログ記事の冒頭で叫ぶことで、ええ、犯罪に走らないようになっているかもしれませんw




さて、タイトルの通りです。あまりにも気になってリアルでは人に聞いたり、ネットで調べたりしてる俺さんです。昔のボウズとは違う!って言いたいだけじゃないですw。真面目に魚が減ってると思いませんか?

ってのを記事にしましたっ!個人の客観的な意見です!

 

まず減ってると感じる件について

まず人からの伝聞から。男性は思い出(過去の釣果)を美化するってのも前提に入れたいw。可愛い彼女と付き合ってた、あの日はキラキラしてたなぁ~って感傷に浸るw。で、ポロっと昔の写真を見たりとか、ご本人に会って「え?」となるマジックですw。

なので、自分の親とかご近所さんの釣果、楽しい魚釣りのお話ですから、釣果は1/2くらいに聞いておくべきだと割り切るべきだとは思いますw。

で、釣果を1/2にしても、うーん、現代は魚が減っていると言わざるを得ないと思います。

○○ポイントでは、メバルがバケツ2杯の100匹とか釣れた~とかご近所のオジサンに聞いた。俺さん、そのポイントで何匹か上げたけど二桁行くだなんて絶対に無理!ってポイントだと感じてますw。

で、実際に釣りしてても、昔ほど爆釣にならないってのも、これはガチで感じてます。俺が見たのはエギング。ナイロン袋にたっぷりとアオリイカを押し込んでるアングラーが…15年前は実在してましたw

そのポイントで、当然ながら俺もシャクるんだけど、いや無理でしょ…w。20匹が限界だと思うw。タバコ吸いながら若い兄ちゃんがビーチサンダルのスタイルでですよw?オーバーナイトしてる気配もなかったしw

前回の記事(キャリア50年超えの「餌釣りクロダイ師」からの金言。~格言の否定~)で「魚は移動する」と学んだ訳です。でも、一級ポイントを3つも5つも若い頃に見付けてて、そこに通ってもメバルが3匹、アオリイカ10匹程度の釣果になってる気がします。シーバスは…。

ここ最近ご無沙汰なので分からないけど…。実体験でも減ってると思う。アングラーの村岡さんのツイートにも、そう呟かれてあった。プロが感じてるんだったらガチだと思う。

 

乱獲されてる件

乱獲という言葉って難しいんだけど、アングラーにも漁業関係者にも、納得いく釣果を超えて、尚、釣っちゃうのが乱獲だと思う。

アングラーの場合は、まぁ、食べないならリリースっていう選択肢があるよね。俺はアオリイカは食べる分だけ、他の魚は食味期待でキープする事があるけどマレなタイプ。魚の食味をあまり楽しまないアングラーですw。

漁業の乱獲っていうのは、まぁ、計画生産が難しいのが原因っていう印象です。1匹1匹釣るなら調整できるだろうけど、網だと必要以上に獲ってしまう事もあると思ってます。網の目を大きくして小さいのを放流する方法ってのを学校の授業か何かで学んだのを覚えてます。

それに石油などの有限資源と違ってて、どう捕獲したら、次の捕獲量がどう上下するか読みにくいのもあると思う。生き物だから増えるし全滅することもある。分母(実在する魚の量)と分子(獲れる魚の量)が自然相手で読みにくい

さらに食物連鎖の問題もあるもんね。ピラミッドの下ばっかり獲っちゃうと、そらー、ピラミッド全体が細る。かといってピラミッド上位は量が少ないし。

 

異常気象

これは魚に限らないけど、生き物だったら自然相手に減ったり全滅したりするリスクがあるという事ですよね。昔は「海水温上昇」がよく叫ばれてました。珍しい魚が上がった!というニュースは、南国の魚が棲める範囲が広がった証拠!みたいなのがw

でも、最近(2016年くらいから?)は低温とか凍死とか、温暖化とは逆になってきてる気がする。しかも逃げ遅れて死んでるってヤツ。沖縄の魚が5℃以下で凍死して打ち上がった~、鰯もハリセンボンも、寒さで死んでしまってニュースに。

人間の自然破壊が原因で異常気象になるっていう解釈も多かったけど、最近のディスカバリーチャンネルなどのドキュメンタリー番組だとちょっと論調が変わってる。宇宙規模の異常気象ってヤツですw

まずは数年前に言われてたんですが、地球の磁力が弱る件。地球の磁力を基準に移動する動物たちが混乱するらしい。

海岸に「イルカ」が打ち上げられるニュースが増えましたよね。これって、アングラーにも大きく影響してまして、イルカが磁気を見失ってか、用も無いのに陸に向かう。

つまりイルカのベイトも一緒になって、否、イルカに追い込まれて接岸することがありました。なので、この今年はイルカが食べる青物が陸から大爆釣したらしい。俺さんが青物ラッシュした年(10年ほど前w?)だったと記憶してます。

次に「太陽の黒点」の件。太陽活動が活発になると黒点が増えるらしい。で、それは周期的に起きていた自然現象だったらしいんだが、それが不定期になってきたらしい。で、この太陽の黒点って、地球の氷河期とリンクしているってテレビでやってました。

そういえば鰯か何かの漁獲高も、黒点の数、ようするに太陽活動とリンクしてるってのを何かの本で読みましたw。調べると面白いですよ?

ちなみに海水温が上昇すると、海水の酸素量が減るなどで魚が小さくなるらしい。んなら低温化すると…。巨大化かなw?
”温暖化で魚が小型化? 水温の上昇と酸素不足が影響か|ナショジオ|NIKKEI STYLE”
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20330660U7A820C1000000?channel=DF130120166020

 

治水の善し悪し?

治水にも色んな種類があるんだけど、まぁ、身近なのは「故事ことわざ」になってるヤツ。「水清ければ魚棲まず」ですねぇ!水が澄んでいると餌になるミネラルやプランクトンが少ないので、魚が棲まなくなってしまうってヤツです。

まぁ、この場合の「汚れ」は「陸から流れる泥水=ミネラル」な訳でして、決して有害な化学物質やゴミの事じゃないですw

人間は陸で安全で快適に生活するために治水します。洪水を防いだりダム作ったりテトラポットを入れたり。それをやると「陸から流れる泥水=ミネラル」が減るんだよね。荒れないようになったら汚水が海に流れない。そしたら海岸の魚は減る訳です。

何だか悲しい話ですよね。テトラポットがストラクチャになって魚が隠れることができる、でも、それが邪魔して海中のミネラルが減ってしまってる。ルアーをテトラポットの間にトレースしても、そもそも魚が居ない時代になりつつあるだなんて…。

”水清ければ魚棲まず – 故事ことわざ辞典”http://kotowaza-allguide.com/mi/mizukiyokerebauo.html

 

国際情勢

まぁ、これは釣りが出来ない=アングラーのルアーに魚が届かなくなるっていう事になるかと思います。

治安の都合、立ち入りできないエリアってのが日本にあります。立ち入り禁止エリアに魚はゼロじゃない。むしろ多く棲んでいるかもしれない、ってことで未だに立ち入り禁止エリアに乗りこむアングラーは多いらしいですけどね。。

ちなみにSOLAS条約っていうのがございます。テロ防止のために特定の海岸施設付近に入れなくなってるんです。これも悲しいよね。テロが無くならない限り、ここでは釣りが出来ないってことなんだよね。。条約撤廃の見通しだなんて想像できません。。

他にも某国の拉致、木造船の漂着ってのも、アングラーに釣りのブレーキを掛けます。色んな方々に拉致とか木造船に気を付けろって言われますw。どうしろ?って感じですが、漠然とした恐怖は感じなくはないw

まぁ、実際のところ、俺なんて拉致る価値もないだろうし、木造船のは乗員が武装してたら怖いけど、見掛けたらその場を離れて110番が118番(海の「もしも」)するしかないんだけどねw。


ってことで、ええ、何だかテンションが下がる記事になってしまいましたw。

とりあえずアングラー個人で解決できる事って、とても少ない。それどころかアングラーってだけで肩身が狭くなりつつある。

そこで…。小さな打開策みたいなのを思い付きました。アングラーが釣りで出るゴミを持ち帰るのは当然なんだけど、それだけじゃ「当たり前」と周りから言われてしまう。

なので、アングラーが出すゴミ以外も、ちゃんと持ち帰ったりしたいもんです。いつか「釣り人のお陰で海岸のゴミがなくなった」って言われるようになれば、肩身の狭さだけは解消できると思うんですよね。

ってことで以上です。

商品、その他の記事を紹介

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

ゼロエミッションと新しい水産科学 カラー図鑑 ルアー釣り―魚種別・場所別の釣り方のポイント デュエル(DUEL) ミノー ハードコア リップレス 16g 120mm ブリーディングイワシ HBIW ルアー

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(楽天へ)

ゼロエミッションと新しい水産科学 [ 三浦汀介 ]

【中古】 ルアー釣り 魚種別・場所別の釣り方のポイント / 古山 輝男 / 成美堂出版 [単行本]【ネコポス発送】

デュエル(DUEL) ハードコア リップレスミノー 120F 120mm HBIW(ブリーディングイワシ) F943-HBIW



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*