獲れなかった大物…。その傾向と対策w。釣りは大物じゃなくても大物っぽい感じで遊べますw



はいっ!ルアーマンです!やっと体調が整い始めましたっ!って、そこまで釣りに支障がでるような体調でもないんだけれどもねw。むしろ子供に振り回される日々ですw。金も手間も…。つうか俺がガキの頃って、学校が終わったら友達と自転車に乗って海に出掛けて、釣り糸、針、餌(貝)を現地調達w。ベラとか釣ってたな…。楽しかったしあんまり親と絡まなかった記憶があるんだけどなぁ…。まぁいいけどさw。

さて、今回は「バラして獲れなかった大物の傾向と対策」という記事ですw。

なかなか出会う事がない大物フィッシュ達なんですが、まぁ、自重が重いのもあるせいかバレちゃうのはそこまで多くないと思うけれども、それでも何度かバラしてきた俺さんですw。その大物について、ええ、傾向と対策を記事にしておきたいと思いますw。暇潰しにどぞっ!!

 

根魚ロッドで巨大アコウ(キジハタ)

オカッパリで釣れるアコウでございますので、30センチでランカー(地域差あると思うけど)と定義して構わないと思いますw。生姜と一緒に食べるキジハタの煮付けの美味さは異常w!日本酒と合い過ぎるw。

さて、大昔にテトラポットからの根魚ロッドでキジハタをゲット、それまでに釣ってきたキジハタと、明らかに違う引きの強さとロッドの曲がり方に、ほんと膝が笑っちゃったのを覚えているんですが、最終的には手前で強烈に潜られてバラしちゃいましたw。

さらに個体は違いますが、ヤツは俺さんの根魚ロッドをブレイク(先端と2個目のガイドの間がバキッ!)しやがりましたw。アングラーとしては、死ぬまで「酒の肴」になる名シーンの1つになるんですが、傾向と対策ですw。

【傾向と対策w】

  • アコウ(キジハタ)が混ざる釣りであれば、ロッドは根魚ロッドよりボートシーバス用(Max15gが放れるクラス)の強度は必要
  • ジグヘッドや針先は強度があるモノを選ぶ。根魚用フックだと曲げられてしまい結果としてバレるケースもある
  • 手前にストラクチャがあると潜られるので、魚が浮いたら急いで寄せましょう!
  • 特に怖いのが足場のテトラに潜られるケースw。ファイト中に竿先と足場の「間」に魚を泳がせないw。(上画像)

 

プルンプルンのボート向けシーバスロッドでランカー気味?

※ランカーのえら洗い動画w。怖すぎワロタん動画ですw。16:40あたりから~

まぁ、シーバスを狙ってなかったのにアレ?アレレ?という感じで、プルプルロッドでシーバスがヒットっ!ランカーまで届かないだろうけど沖目に見える魚体は大物シーバス…。そして大物だけに「エラ洗い(シーバスがルアーを外そうとして空中に暴れながら飛び出す)」もゼロ…。リーリングもロッドワークも、アングラーの寄せる行為を無視しながらドラグを鳴らす異常さw。んで、沖目で数秒のファイトを終えて、フワッとバレる…。うがっ…。うががっw。ってことで傾向と対策ですw。

【傾向と対策w】

  • プルプルロッドで魚がヒットしたら、まずはガッツリと追い合わせをしておく!
  • ロッドワークで魚をコントロールする事は諦メロンw。とにかくリールのドラグを使って魚を疲れさせるっ!
  • ランディングはロッドで抜くのは絶対に不可能っ!ネットかハンドランディング(手でリーダーを持って魚を抜く)を備えよう!
  • 高さがあるなどの足場が危険な場合は、躊躇せずに誰かの協力を仰いだ方が無難です!

 

沖に逃げるクロダイのトルクw

数えるくらいしか釣った事がないクロダイちゃんなんですが、バラしも経験済みですw。バラした個体も、ランディングできた個体も、とにかく沖に首を振りながら逃げますよねw。特に初動で慌てると、その強烈なトルクがある沖逃げの引きに驚くと思われますw。

そして、手前にまで寄せきると、クロダイちゃんって月明かりとかに魚体が反射してカッコイイよねw。なぜかクロダイは寄せると諦める魚ってイメージです。潔い(いさぎよい)魚でございますが、友人はフックを潰されてバラしましたw。フックが伸びるのは体験した事があるけど、ヤツらはフックを噛み潰しますw。大事な事なので2回書きますw。奴らはフックを伸ばさずに噛み潰しますw。さすが甲殻類を砕いて食べてるだけはありますw。

 

【傾向と対策w】

  • 根魚のジグヘッドでも、シーバス用ルアーのトレブルフックでも、クロダイが混ざる可能性があるならフックを強めにする!
  • 沖に逃げる強さに驚かされるクロダイちゃんですから、ルアーの着水からロッドは煽ったまま(立てたまま)がオートフッキングが正解かも?
  • 魚体が浮いたり、手前で銀ピカが見えてきたら、とにかく落ち付きましょうw。ランディングは口先だけ気を付ければ簡単な方です!

 

さて、まとめますw

獲り方1:ラインタックルだけはシッカリと!

タックル全体で、貧弱ではあるけど「壊れやすい場所」と「壊れにくい場所」があるかと思います。大物のバラシで最も多いブレイクは

  • ラインブレイク > ロッドブレイク > リールブレイク

だと感じております。つまり、釣具が壊れて大物が取れない原因の殆どは「ラインブレイク」が原因になってしまうので、スナップとショックリーダーのノット、ショックリーダーとPEラインのノットをガッツリやっておけば、とても楽しいファイトを超えて大物が獲れる可能性が高いといえると思ってます!

 

獲り方2:追い合わせはガッツリ!フックも小さいしw

相手が大物である場合、自重でオートフッキングされちゃうんですが、ロッドが貧弱だと、速攻でロッドを曲げられちゃうため、自重によるフッキングが浅くなるかと思います。ですので、「やべぇ!大物だ!」と手元に伝わった瞬間に、とにかく早めに追い合わせを入れてあげるのが好ましいかと思います。浅めのフッキングで、魚が首を振ってしまうと確実にバレてしまうと思いますしw。

特にライトタックルであれば、ルアーも小さい、つまりフックも小さいので、それだけバレてしまう確率が上がります!早めの追い合わせで、ガッツリとフックを刺し込んでしまいましょうっ!

 

獲り方3:潜られても耐え続ける。ロッドは曲げたままっ!ドラグ&リーリングで勝負!

基本的に大物ちゃんはロッドワークで対応するのは難しいですw。海に引き込まれそうになってしまい、アングラーにロッドを煽るような余裕がなく、まずは固まって耐えるしかありませんw。

そんな中でも、バレてしまう事を防ぐためにドラグを調整しなくてはなりませんし、寄せるためにリーリングは必要です。つか、ランカーちゃんって、極端に大暴れしないし、ルアーを食ったまま悠然と泳いだりするよねw。でも、その泳ぎが加速だけでも、すげぇチカラで引っ張られるのが怖いんですw。ということで、ある意味「魚の体力消費を待つファイト」と言えるでしょう!!

ってことで、以上ですっ!

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

ハヤブサ(Hayabusa) FINA チヌ・根魚専用ジグヘッド 底まっすぐ 8/3.5g FS204-8-3.5 アブガルシア(Abu Garcia) シーバスロッド ソルテイーステージ KR-X ボートシーバス SBS-722MH-KR よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE150m 22Lb(1)

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(楽天へ)

ハヤブサ(HAYABUSA) チヌ・根魚専用ジグヘッド 底まっすぐ FS204 3.5g

【最大25倍ポイント!期間中お買い回りで】アブガルシア ソルティステージ KR-X ボートシーバス SBS-722MH-KR(スピニングモデル)

【最大25倍ポイント!期間中お買い回りで】よつあみ G-ソウル X8 アップグレード 1.2号 200m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*