シーバスが釣れるようになった軌跡。休日サラリーマンが年間2ケタ獲れるのか?



o0480048013140085263[1]
はい、タイトルの通りなんですが、俺(サラリーマン)のシーバス釣りなんですが、1年目は0匹w。2年目に入り、どうにもこうにも釣果が上がらない、うーん、参りました!って時期が続いてから、やっと1本釣れましたぁ~!やったぁ~!!!で、そのままハイシーズンがボウズで終わってしまいましたw。3年目に5匹くらい釣れて、翌年からは何本釣ったか覚えてませんw。何となく10本は釣ってると思いますw。そこで今回は、どうやって上達したのか?の軌跡(道のり)を書いてみたいと思います。もちろん俺の住んでいる地方に依存したパターン攻略になっている内容も含まれますのでご注意ください!

 

1.1、2年目はとにかく釣り方が無茶苦茶だった。

117456  とにかく釣りーたーとしての成長期だったということで、タックルも無茶苦茶(10ftの40gMAXのロッド、シマノの2000番にPE3号、リーダーなしw、スナップなしwww)、雑誌を読んでも理解不能、とにかく何が起きるか分からないけどキャストだけで楽しい!友達と遊ぶの最高!って時期だったので仕方がない面もありますが、友人が急に釣れ始めて焦ったw。シーバスを釣るためにシーバスのルアーを投げてる以外は何も考えてませんでしたw。休日前夜から体力の限りキャストを繰り返し、土日は昼夜逆転、平日も仕事を休んで釣りしたりと暴れていたと表現するのが正しいw。場所も無茶苦茶ですがパイオニア精神には溢れておりましたw

 

2.3年目にして気付いたこと

087110とにかくシーバスが得意な友人と一緒に釣りをするように意識し始めました。平日にもタックルバランスや情報収集、釣り雑誌にDVDで真面目に勉強するようになりましたw。まずはリーリング。自分のリーリングは友人の中でもトップクラスに早かったのに気付いて、思い切りスローリトリーブするように心掛けました。次にルアー。フローティングで良く動くものからシンキングに切り替えます。デッドスローとシンキングに切り替えたことでルアーが泳ぐ水位とアピール度合いが変わったと思います。そして最後に場所とマズメです。場所は、もう釣った経験もないのにとりあえず好きな場所に着いたら投げる!というスタイルから、ネットや釣具屋さんで釣果が高い場所に絞りました。さらに、釣果がよい場所で濁りが無ければ積極的に移動するようにしました。そしてマズメですが、夕マズメと朝マズメを天候や体調によって決めるんじゃなくて、朝マズメに絞って多少の悪天候でも決行するようにしました!これで6月ハイシーズンに3本、10月に2本、上げることに成功しました。

 

3.4年目からは・・・。

087112冒険するとしたらルアーを頻繁に変更することのみ!それ以外になし!デッドスローでシンキング、場所は5か所くらいに絞り、濁りが無ければ即移動!土曜日と日曜日の朝マズメのみに絞って大雨でもカッパですw。強風と落雷以外は釣行です。これで年間10本を超え始めました。何だかシーバスフィッシングが落ち着いたな、と、感じた頃です。そこから様々なパターンを覚えるようになり始めます。海、天候とルアーの組み合わせ、場所とU字の組み合わせ、あまり意識しなかった水温や潮、何時に、どこで、いつ混みやすくて釣りができない、初心者がランカーを上げたパターンを真似たり、夜の船の漁場付近で攻めたり、夕マズメでも釣れるようになったり、、、。こんな感じで4年目から釣れた条件がパターンとして覚えてるのはもちろん、それを応用、試して釣れるようになってから安定し始めました。でも今の嫁をフィッシュしてからはシーバスどころか釣り自体がアレでナニになってこんな感じです、めでたし、めでたしですねw

買って応援してくださいw。よろしくです!

ラッキークラフト ワンダー 80 ESG フィッシング遊オリジナルカラー MS-R.G.B. Rapala(ラパラ) CD7 FCD ZipBaits(ジップベイツ) ザブラシステムミノー139S コノシロ ima/アイマ komomo 125DROP #DR011 湾奥プロブルー







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*