第一精工 ノットアシスト2.0(アシスト、ノッター、ノット作成)の使用レビュー、作成したFGノットをダンベル(10kg≒22lbのヤツで)で強度テストしたお!+ボウズ釣行記w。(2017/05/02)



はい、ルアーマンです!皆さんGWの釣果はどうでしたか?僕はGWの真ん中の平日に行ってきましたが、ええ、安定のボウズですたw。ははっw。はははw。…。シーバスもGW中の平日なので営業していると思ったのに(真顔)。

ということで、ええ、「第一精工 ノットアシスト2.0」を使ったFGノットの作成と、強度テスト+ボウズ記事ですw。

 

まずはシーバス狙いのボウズ釣行記w

久しぶりの朝マズメでございましたw。もう記憶が薄いw。が、やっぱり朝マズメって気持ちいいよねw。

場所は10年ぶりの河口ポイント!ランカーは出にくいけど、ややストック数が他より多いと言われるポイントで足場がいいけど、高さがあるのでネット(ネットの紹介記事はコチラっ!)、それも柄(棒の部分)が長くないと、とても60cmの良系は抜けないポイントですw。

風もなくアングラーは何と15名以上w。GWの間の平日ということもあって、県外ナンバーも人種も多種多様でございましたw。んで、肝心の河口のコンディション…。濁りはあるけど水流がなくルアーが動かない日でございましたw。

一群ルアー(ラパラのアバシスライドスイムミノーシーライドレッパマールアミーゴなど)全てを2時間かけて放るも全く反応はありませんでしたw。15名のアングラーも、ほぼボウズw。お隣さんがカマスを上げてましたw。

まだシーバスのボイル(ライズ)が見られないので、ええ、俺が通うエリアのメインシーズンに入っていない様子…。水温は計ってないけど、明らかに今年は気温も水温も低いので、まだ寒いですねw。ハイシーズンは6月ですが、例年に比べて2週間くらいはズレそうかしら?まぁ、海の季節感って1カ月くらいブレるので(俺の感覚ねw)何とも言えませんが…。

ということで、ええ、完敗しましたw。でも、朝マズメは清々しいです!朝から海風に当たるってのは最高だ!

 


FGノットの解説、なぜ有利か?デメリットはあるのか?

摩擦系ノット(リーダーにコブがない)のなかで、陸っぱりアングラーでは最もメジャーなのがFGノットでございます!メリットは、コブがないのでキャスト時にガイドにノットが当たらないのでノットの寿命が長いってのが挙げられますね。デメリットは、作るのが難しいのと、すっぽ抜けリスクがあるという点

(すっぽ抜け防止策(注意:ノットアシストを使わないケース)についてはココの記事を参考。別ウインドウで開きます。)

参考:ノットアシストを使わないFGノット作成方法 DUEL MOVIE DUEL Co,.inc Official Youtube

PEラインとリーダーの結び方 FGノット編 【最強ノットマニュアル】(566)

 

で、このFGノットのデメリットである「作るのが難しい」点、特にPEラインを”変色するまで”締め上げるのが手袋してても痛い!って点を解決する、つまりFGノットのアシストする「第一精工 ノットアシスト2.0」という商品が開発されております!


第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック

んで、やっぱりアシストを使って作成したFGノット…。いきなりは信用できないんだよねw。キャスト時にすっぽ抜けてルアーロストも痛いし、ランカーとのファイト中にブレイクされたら一生、悔やまれる思い出となってしまいますw。今まで自分で手でガッツリと作ってきて、すっぽ抜けは2回ほど経験し、そこから改善して「すっぽ抜け対策」まで開発した訳ですw。

なので、FGノットのアシストを信用するために…。10kg(約22lbのヤツ)のダンベルを使ってノットアシストで作成したFGノットの強度っていうのを試してみましたw

 

テスト開始!!

テスト条件

  • スナップはクイックスナップ1号(24lb)を使う
  • スナップとショックリーダーのノットは全てのテストで「ユニノット(ノット巻きは3回)」を採用
  • 編み込み回数は15回
  • PE本線とショックリーダーのハーフヒッチ回数は10回
  • PE本線とPE末線のハーフヒッチ回数は3回

テストパターン

  • ショックリーダーは3号(12lb)、4号(16lb)、5号(20lb)、6号(22lb)、7号(25lb)を使用
  • PEラインは1号(確か20lb)と2号(30lb)を使用

(注意:ラインのメーカーは統一してませんw。またPEライン2号以外は使用劣化、経年劣化があります)

(真似するんだったら(笑))注意点

  • ダンベルが持ち上がった後の落下に気を付ける!足に落ちたら大変な事になります!!
  • ラインシステムが切れる際にスナップが超高速で飛ぶケースがありますw。身体、特に目の養生を忘れずに(サングラスやメガネを使ってください)

 

早速、FGノットを「第一精工 ノットアシスト2.0」を作成しようず!!

はい、開封したら中にノット作成の「手順書」があります。AパターンとBパターンってのが載ってます。俺はAパターンを採用しましたっ!で、紙の図説より、下の動画の方が圧倒的に分かり易かったし、作り易かった!つうのは、紙の解説では「作成中にどの部分を手で抑えておくと便利か?」ってのが分からないんですねw。動画は、そういう「作り方+指で抑えるポイント」が分かるので、是非とも参考にしてみてください!!

【第一精工】ノットアシスト2.0 short.ver

んで、俺の作成過程を一応、貼っておきますw。

まずはPEラインをセット。左側のPEライン末線だけど、メーカー側の説明では20cm残せってあるけど、慣れると5cmくらいでイケます。つうか5cmくらいにしないと、後のハーフヒッチでPEラインが長過ぎて面倒になりますw。

 

PEとショックリーダーがクロスしている状況。ここから編み込み作業に入ります。この際のショックリーダー側の末線の長さは、10cm程度が望ましいかな?PEラインに編み込むので、かなりグニャグニャと手で操作する必要が出てきますので、程よい長さで。長くても面倒になるし、短いと作りにくいしw。ショックリーダーが太ければ長めが望ましいですね。ノット作成が難しくなりますから。

 

編み込みとハーフヒッチが完了した状態。まるで教科書に出てくるクオリティで作れて驚きましたw。ちゃんとPEラインの編み込み部分は変色してます!(写真が悪くて申し訳ない。。)

 

リーダーもPEラインも、ノットアシストから取り外した状態です。

 

作ったFGノットは釣行で使う訳じゃなく、テストで利用するため、ショックリーダーは20cmくらいでカットw。んで、クイックスナップにユニノットを結んだ状態です。

 

テストケースとテスト結果

で、テストケースとテスト結果です。10kgダンベル持ち上げテストでは全てのFGノット部分が無事でございました!!!SUGEEEEEE!!!テスト結果から言えるのは「第一精工 ノットアシスト2.0」で作成したPEの編み込み部分のブレイク(すっぽ抜けや破損)はなく信用できるFGノットを作る事が可能だと言えると思います!エクセレント!!!これで信用できるFGノットでシーバスハイシーズンを迎える事ができますぜっ!!

 

ダンベルへのセッティングとか、切れたラインの例w

ダンベルの持ち手部分に、ショックリーダーを巻き付けて、最後にスナップにリーダーを通します。持ち上げは、もちろんPEライン側です。手袋して、PEラインを手にグルグル巻いて持ち上げますw。

 

PEライン1号(20lb)+ショックリーダー3号のテスト結果。何とPEラインのブレイクですw。ちょっと使用劣化と経年劣化が激しいみたいですねw。ノットアシストで作成したFGノット部分は無事です!素晴らしい!!

 

ということで、1号のPEラインでのテストは途中で中断w。DUELのジギングで使おうとストックしている新品の2号30lbのPEラインでノットを作成してテストを再開しましたw。

 

ショックリーダー&スナップのユニノットがブレイクww。ブレイクらしい見事な豚のしっぽですw。ダンベルが持ち上がりそうになった瞬間に「パツンッ!ビシッ!」という激しい音が出ましたw。ダンベルがドスンと落ちて怖かったんごw。んで、クイックスナップが俺の身体に超高速で当たって、部屋の隅まで飛んでいきましたw。パツン!がノットブレイク時の音、ビシッ!が俺の身体にスナップが当たったときの音ですw。もちろんFGノットは無事でございます!いい写真ですね~w。

 

PEライン2号/ショックリーダー6号(22lb)のテストで持ち上がった!と思った瞬間にパツン!ドス!!となりましたw。なんとPEブレイクでございますw。これも豚のしっぽになりましたねw。PEラインは30lbですので、10kg(約22lb)のダンベルは余裕のハズなんだけど、ビヨーンとダンベルを持ち上げて変なチカラでも掛かったのかしら。。このテストケースでも、無論、FGノット部分は無事でございます!エクセレント!!

 

テストケースと結果の表

全てのテストでFGノット部分は無事だったんですが、一応、全ての結果を記載しておきますw。

No. PE/リーダー ダンベル浮いた? ブレイクパターン(笑)
1号(22lb)/3号(12lb) NG FGノットより上のPEがブレイクw
1号(22lb)/4号(16lb) NG FGノットより上のPEがブレイクw
1号(22lb)/5号(20lb)
1号(22lb)/6号(22lb)
1号(22lb)/7号(25lb)
2号(30lb)/3号(12lb) NG ショックリーダーがブレイクw
2号(30lb)/4号(16lb) NG ショックリーダーがブレイクw
2号(30lb)/5号(20lb) NG ユニノットがブレイクw
2号(30lb)/6号(22lb) OK? FGノットより上のPEがブレイクw
10 2号(30lb)/7号(25lb) OK

※テストを繰り返してる途中で、1号のPEラインがFGノットより上でキレちゃうってのが乱発したのでテストを止めましたw(テストNo3,4,5)。PE本線が切れちゃったら、FGノットの強度テストの意味が薄いっすw。

※テストNo.9は、持ち上がってビヨーンとリーダーを伸ばして遊ぼうとしたらパツンしましたw。なので一応、持ち上がったのでOK?を記載しましたw。

以上です!

FGノットの作成が苦手、手が痛い方は、是非とも、この第一精工のノットアシスト2.0を導入してみてください!編み込み部分の変色さえ確認できれば、このアシストで作ったノットは充分に信用できると思います!

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック 第一精工 ノットアシスト 2.0 フォリッジグリーン 第一精工 ノットアシスト 2.0 ダークアース

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(楽天へ)

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック【あす楽対応】

第一精工 ノットアシスト 2.0 フォリッジグリーン【あす楽対応】

第一精工 ノットアシスト 2.0 ダークアース【あす楽対応】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*