テトラポットからの滑落事故について友人から聞いてきた!~滑落事故の注意喚起~



こんにちはっ!ルアーマンです。さて、先週にお正月フィッシングでメバリングして、いきなり釣れちゃって舞い上がっていたんですが、なんと…。友人から滑落事故が起きたとの連絡が入り、ちょっと話を聞いてきましたので、やや短文ではありますが記事にしたいと思います。滑落事故の注意喚起になれば幸いです!

 

現場と状況

画像のようなポイントで、テトラポットはやや荒く積み上げられた場所で、テトラの隙間には簡単に海が見えるような場所だそうで、後ろは道路になっている漁港です。んで、赤丸の場所にアングラーが滑落したようです。テトラの中央辺りで、海からも道路からも離れているポイントだそうです。左の人間は友人、右が滑落したアングラーの連れの方です。約20mほど離れていたんですが、波の音のせいか、滑落した際に友人も連れの方も「気付かなかった」そうです。

で、連れの方が「相方が居ないなぁ~」とキョロキョロしていると滑落しているのを発見、海に落ちてはおらず下のテトラポットに挟まった状態で、一人では助ける事ができず、また、呼びかけにも応えてくれなかったそうで、ここで119番したそうです。

※海の「もしも」は118番です。(wikipedia:118番。日本における海上での事件・事故の緊急通報用電話番号。)

 

救急車、消防車、パトカーが来ます。

現場に救急車、消防車、パトカーが来ます。ライフベストを装着した消防隊員の方々が7名ほど救助に当たったそうです。現場はライトアップされて、救助するために使う道具は、頑丈なロープ、梯子、人が横になって運ぶボート?のようなモノを装備して、事故現場へ集まり、救助が開始されたそうです。

かなり複雑なテトラポットの隙間に落ちてしまった様子で、救助が難しかったのか、アングラーが陸に上がって見えるまでに30分も経過したそうです。消防隊員の方がテトラポットの隙間に入って釣り上げる方法が採用されたそうです。(救助作業が難しかったのか、現場では怒号も聞こえたそうです。)

滑落現場に行っていない救急車の隊員さんは、怪我の状況などを確認し、警察官の方は、連れのアングラーに事情聴取していたそうです。

救助活動が開始される頃には、サイレンとライトで目立つため、辺りには多くのアングラーや漁港の関係者、近くの駐車場に居た人々も集まり騒然とし始めたそうです。

 

救急車に怪我人を乗せる

かれこれ事故発生から1時間以上が経過し、ようやく滑落したアングラーが救急車に乗せられて病院へ移動したそうです。意識はあったそうですがぐったりして動けず、重症のように見えたそうです。救急車はそのまま病院へ直行し、連れのアングラーは関係者への連絡に追われながら、病院へ向かい、消防車とパトカーも現場から引き揚げたそうです。

この時点で、人だかりもなくなましたが、滑落事故のショックで釣りは続けられず、殆どのアングラーは移動した様子だったそうです。

 

滑落事故の状況をヒアリングして感じた事。

いつも釣りする際は、滑落に気を付けてるつもりですし、嫁さんからもキツく注意されてますが、いざ滑落事故が身近に起きると恐ろしいと感じるばかりです。

やはり釣りは、一人より二人、二人より三人だと感じました。滑落事故は、すぐに落ちたと気付けなかったり、一人で一人を助けられないケースもあると学びました。

スパイクや帽子、ライフジャケットを装備していても、滑落して骨折したり、意識がなくなってしまっては自力では全く陸に戻れないのも勉強(不謹慎ですが)になりました。かろうじて意識があっても、スマホが水没したり壊れたら何もできないので、アナログな「救助笛」があれば、もしかしたら助かる事もあるんじゃないか?とも感じてます。

以上です。釣りは、命の危険があるレジャーですので、皆さんも気を引き締めて、防具の準備、体調の管理などを怠らずにお願いします。この記事が安全なフィッシングを心掛けるために役立ってくれれば幸いです。



“テトラポットからの滑落事故について友人から聞いてきた!~滑落事故の注意喚起~” への1件の返信

  1. 気を付ける付けないの前に、まずテトラポッドの上は歩かない、ということを徹底するべきでは?
    多分だけど入院した方もお連れの方もご友人も、たっぷりとお叱りを食らったと思いますよ?
    いくらライフジャケットを身に着けていても、テトラポッドの隙間に落ちたら基本的には助からないと思った方がいいです。
    あの独特の形が複雑に入り乱れて組み合わさっているうえ、側面は海藻やフジツボがついているため、よじ登ろうとしても滑る、あるいはフジツボに手を切り裂かれて上がれたものではありませんし、そもそも波がどんどん押し寄せてくるので体重移動がうまくできません。
    今回は姿が消えたことに早めに気が付いたからよかったものの、それでも救出に時間がかかりましたし、助ける方も仕事とはいえ命がけです。
    目先の釣果に自分が釣られて他人に命を懸けさせたことを、失礼ですがご友人たちもあなたも自覚しておられないように思えます。
    二度とテトラポッドには近づかないでください。そして、二度と自分の命はもちろん、人様の命まで危険にさらすような行為はおやめください。
    通りすがりではありますが、あまりにも気になったのでコメントさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*