オフシーズンになったら釣具を片付ける件



dfd9e2effe76ac020df50163da38b432_s

こんにちはっ!ルアーマンです!お日柄も悪く、日程調整が破綻してしまって、とうとう先週は釣りに行けず…。娘も保育園から風邪をテイクアウトしてきまして、ええ、そろそろガチでヤバイっすw、秋、気付けばシーバスに行ってないとか危ないルアーマンでございますが、皆さんは釣果いかがでしょうか?

と、いうことで、毎年、12月中に晩秋ラストのエギング、シーバッシングを終えてから、釣具を入れ替えるんだけれども、その際にどんな片付けをやっているのか?を記事にしました。まぁ、備忘録みたいなモノですw。お暇な時に一読してもらえれば幸いっす!

ちなみに、また使うだろ?と放置しちゃった失敗体験から記事を起こしてますw。主に埃まみれと、塩が噴き出すのを防止するだけですけどねw。

 

ロッド編

fa80b50901d5def64a37a4cf70932671_s

普段は水道水で軽く流す程度なんですが、シーズンオフの片付けのときは、全体的にぬるま湯で洗い流してます。一緒に入浴ですw。

特にジョイントの部分(ロッドとロッドの継ぎ目。♂♀)は意外と汚れてます。汚れているので、頑張って無理にゴシゴシすると、かみ合わせが悪くなるので注意!かみ合わせが悪くなると、キャストした後に微妙なロッドのブレを感じたり、ティップがある♀側の部分にヒビが入って割れます!ご注意ください!即修理ですw

ちなみにグリップの汚れは洗剤(ボディーソープw)を使ってますw。スポンジなら大丈夫ですが、コルク素材はふき取るだけでOKのハズです!

洗い終わったら陰干しして、乾ききってからロッドケースに入れて冬眠させますw。次回利用の春までの半年弱の保管で、意外と埃をかぶったり下手すりゃ蜘蛛の巣も張ったりしますので、なるべくロッドケースに入れておきましょう!

 

リール編

dsc_0283

普段は水洗いだと思うので、収納してしまう場合は「ぬるま湯」のみでしっかり塩抜きしてあげます!最近のリールは殆ど水洗いOKですよね!洗い終わったら、しっかり乾かします!もちろん陰干しです!んで、ぬるま湯でリールのオイルが抜けるかもしれないので、ちゃんと注油しておきます!リールのオーバーホールが出来る方が羨ましいです!

次にラインの痛みを確認します。変色、脱色、ホツレがあるんだったら思い切って切っちゃう!新しいPEラインであれば、ラインマーキーを使って、リールに巻き付けているPEラインをリール側をルアー側に「逆転」させることで、来シーズンは新品同様のPEラインとして使えます。やり方はココに記事にしました!

もし、ラインマーキーを使わずに新品のPEラインを撒くのであれば、収納時に巻かず、来シーズンの序盤にやるようにしましょう!最近のPEラインなら大丈夫だと思うんですが、ラインマーキーを使わない状態でリールに巻き付けておくと、ラインのネジレがリールに固定された状態で長時間、保管する事になります。ラインに無駄な負荷が掛かった状態で、数カ月も保管する事になるので、ネジレの癖が付きやすくなります。ライントラブルの原因になるので、ご注意ください!

リール、ラインのメンテナンスが終わったら、リールケース(または箱)に収納して保管しておきます。坊塵、紫外線によるラインの劣化を防ぐためです。インテリアにして飾る場合は、PEラインが劣化するので、ラインを取り外すか、紫外線をカットしてくれるクリアケースなどに収納するのが好ましいです。

 

ルアー編

961c39562ffc92686eb626e0fec45b2c_s

ルアーは徹底的にぬるま湯+ボディーソープを使って洗ってますw。ルアーケース、フックカバーも忘れずに洗いましょう!んで、陰干ししてあげるんですが、ロッドやリールと違って、錆びたフックを交換してあげる必要があります。地味な作業ですが僕は好きですw。普段からフックをストックしているので、その場で錆びを見付けたら、速攻で交換しているんだけれども、シーズンOFFの片付けなので、後からフックだけまとめ買いする事もあるよね。

んで、貴重なルアーはセルロースセメントで塗装が剥がれている個所を補強する!100円均一の無色マニキュアがオススメです。あくまで塗装がこれ以上に剥がれないようにするために使うので、既製品のドブ漬けはしません。1gで沈降スピードが速まる世界なので、設計通りの動きじゃなくなるかも?と邪推しております。もちろんシーバスがバレないようにフックのサイズアップしたら、それだけで重くなるんだけどね。。気にしなくていいかw。

 

フローティングベスト編

087541

基本的には簡単な汚れ程度なら、ウェットティッシュなどで拭けば汚れを落とせます。洗濯機でネットに入れて洗えるものもありますが、必ず浮力材を取り外して洗濯機へw。古いヤツを洗濯機で丸洗いしたけど、フローティングベストが浮いてきたせいか洗濯機が停止してましたw。

なお、浮力材には寿命があります。発泡性のウレタンのようなモノなんですが、経年劣化、使用劣化で潰れて浮力を失ってしまいます。メーカー推奨の交換時期は2~3年シマノHPより)、使用頻度にも影響しますが、現実的には5年くらいが限界かと思われます。

古くなったフローティングベストで、浮力材のみ交換できるベストであれば是非とも交換しましょう!(メーカーHPや、電話、メールなどで確認できます)5年以上も使ったのであれば、流石に新デザインも豊富に出てるので買い替えもいいですし、ライフベルトだけ購入して機動力を下げないようにする手もありかもです!

以上!片付け記事でした!つか、その前にさっさと釣りに行きたいw!
 

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

シマノ リールメンテスプレー SP-003H 890078 第一精工 スーパーラインマーキー DABADA(ダバダ) ライフジャケット インフレータブル ベルトタイプ 膨張式 救命胴衣 男女兼用 フリーサイズ (腰巻自動膨張式迷彩B)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*