数少ないバイブでのシーバス釣果から…。バイブレーションの使い方など!



104519rこんにちは!ルアーマンです!さて、皆さん、釣りに行ってますか!?もう僕はやっと忙しい9月を乗り切ったので、そろそろ週1で行きたいんだけど、なかなか手付かずな日々を送っておりますw。あっという間に寒くなって、そろそろ本格的にドカン!とアオリイカもシーバスも出そうな雰囲気ですね…。ガチキチなルアーフィッシングライフを送っていた昔は、気温の変化が常に嬉しかったなぁ~、って、危ないヤツだな俺w。

ということで、今回はあまり使いきってないバイブレーションの使い方について少し語っておきたいとおもいます!釣果が少ないので記事の内容は薄いですw。ルーズフィッシングなのに、さらに浅いw!何を考えて記事にしているんでしょうか、俺w。

 

バイブレーションを選択する理由

bfa0b43cc870487d7b77c3f2561869ba_s

飛距離

通常のプラグでは届かないポイントへキャストが可能。また、ブレード素材が多いため同じ9センチのプラグと比較しても2倍近くはブッ飛んでくれます!濁りがないと釣れないコンディションだと、とにかく人間が近くに居る状態のピックアップで釣るのが難しいと言われますが、そんなときは飛距離に頼るw!捕食が下手だと言われているシーバスちゃんに、人間から離れたところでルアーを魚だと思って食わせられるのは心強い!

 

高速巻きが出来る!

通常のプラッキングでは考えられないくらいに高速巻きをしても、ルアーが正しく動くように設計されているモノが多く、プラグで出せなくてもバイブの高速巻きで食ってくれる事も!つか、バイブの高速巻きでシーバスを釣ると衝撃が2つありますw。一つはドラグの悲鳴w。高速巻きのラインテンションなので、ヒットした瞬間にリーリングが止められてファイトが始まりますからねw。うぉぉお!と叫ぶ事が多いかと思いますw。

あとは、プラッキングのリーリングスピードに慣れていると、そんな早いルアーでもシーバスって捕食が出来るんだ!っていう衝撃w。凄い速さで泳いでいるルアーを横喰いされた事がある僕としては、本当に衝撃的でしたw。

 

強風対策

ベイトが小さいときに、それに合わせて小さいプラグを使う事があるかと思いますが、まー、強風に弱いですねw。向かい風で7cmプラグとかは、どれだけPEが細くて高級なリールを使っていてもライントラブルの原因になりますw。(参考:ライントラブル・・・。メジャーなケースからマニアックな前兆、体験談まで。あと予防策など。)そんなときは迷わず同サイズのバイブちゃんの登場ですよねw。重いのに小さいというのが、とにかく強風対策としてベスト過ぎますw。マールアミーゴ(アマゾンへ)の7cmなどは、現場に到着してショッキングな強風でも使う事が出来て重宝してます!

 

バイブレーションの使い方

55f92b191140fc16865ea4d7e7e7421f_s

使い方1 ~根掛かりポイントのすぐそばをトレース~

海底の変化のあるポイントは「隠れる」事ができるため、様々な魚たちが集まってくる訳です。例えば、ちょっとした掛け上がりや、ブイの下にぶら下がっているロープw、離岸流で作られた窪みなどは、小魚が隠れるために(隠れてるように見えないけどねw)溜まります!

なのでバイブを使って何度も根掛かりしたポイントは怪しいw。そんなポイントはネチネチと責めるのが吉です!現実的には、根掛かりやイヤなものですので、根掛かりを避けるため、ちょっとポイントから少しズレたところを丹念にトレースするといいかもです!外道率が高かったりするんですが、まぁ、ボウズよりマシですw。

 

使い方2 ~バイブレーション回収時のピックアップ超早巻き中w~

ブレード系の面白さの1つと言ってもいい「早巻き」なんですが、それもピックアップ寸前でシーバスが掛かるのが最高に興奮しますw。心臓に悪いレベルですw。元ラパラ・アングラーの榎本氏も、ピックアップは丁寧に攻める!とおっしゃってましたしw。まさに高速で逃げるベイトを荒々しくシーバスが捕食してくれるんですが、意外にもサーフの波打ち際でも効果的ですw。

波が1m以上の高さでもピックアップの高速巻きで釣れる事があるので、バイブのリーリングは最後まで気を抜かない事!丁寧にリーリングせよ!という意味ではありません、むしろ丁寧にリーリングを意識すると、リーリングのスピードが落ちてしまいますので、逆に荒々しくリーリングを早めてピックアップを迎えるべきかと思います!

 

使い方3 ~一定のリーリングでバイブが突然、潜るポイントを攻めた!~

多分、この手法を上手に使えるのがプロなんだと思いますw。バイブ(リップの角度が深いクランクベイトみたいなものでも)を使って一定のリーリングしていると、たまにググッっとバイブが水の抵抗を受けて潜ったり、逆にフワッっと軽くなることがあると思います。んで、そんなの当たり前じゃん!と思われるかもしれませんが、コレが意外と波と区別が付かなくて難しいw。夜だとキャストして着水するポイントにも精度が求められるしで余計に難しいw。

シモリとシモリの間が狙い目だと言いますが、きっとプロはコレを感じ取れてるんだと思います!僕のようなアマチュアは上記1番と混ぜてトレースするしかありませんw。同じポイントを何度も通って、根掛かりポイントとシモリとシモリの間を学ぶ、パターン化して覚えるのが釣果への近道だと思われます!

 

ってことで、おさらい

7cd6f3d069c0e2c0d4090c779011b417_s

はい、まとめますと「プレッシャーが強いときに使いやすい」、「早巻きが可能」、「根掛かりポイントや、リーリング中のブルブル変化は怪しい」でございますね。自重が重いので、PEラインの巻きがユルユルになってきたなぁ~と感じたときにバイブレーションにルアーチェンジすると、ビシッっとPEラインが巻き取れるのでイイですよねw。釣りの締めはブレード(メタルジグやバイブレーション)ですw。で、重いルアーに慣れちゃうと軽いルアーがキライになっちゃう事もあるかと思いますので、使い過ぎにはご注意下さいw。
 

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

バスデイ ORC レンジバイブ 70ES 2016年カラー RD-08:オレキン・ピンクベリー タックルハウス ルアー RB77タイプR LS 有頂天U1コンスタンG ダイワ(Daiwa) ルアー モアザン シリコンバイブ 58S 銀粉ゴールドリアクション

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(楽天へ)

Bassday(バスデイ) レンジバイブ 70 アイアン FL-244(コノシロ)

タックルハウス(TACKLE HOUSE) R.D.C ローリングベイト RB77 HM3(HMイワシ)

ダイワ(Daiwa) SWバイブジグR 30g SGコットンキャンディGB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*