水族館に住むシーバスの餌やりを見て気付いた点(妄想満点)



88122d7be1d141f3e5734c3d7b0a5c3d_s
こんにちは!ルアーマンです!はい、先日、水族館に行ってきました~、で、もちろんアングラーとして人妻、ああ、シーバス(と暴走する娘)をガッツリと監視してみたんだけど、たまたま「餌やりタイム」にシーバスを観察することが出来ましたので、その件について記事(妄想?)にして伝えておきたいと思います!

 

小さい個体は活発に反応するが動きがビビりw

42dccd6743fe6c34ee7ba5c1ec0fa4f3_s

まさに活発というか、好奇心旺盛というか、マリンガールが水に入る前から大騒ぎしておりましたw。明らかに「陸の動き」を見てますねw。やっぱり魚の視界っていうのは、明らかに「海中」だけじゃない。これは確信できるようになりました。

  • アングラーの村田基氏が、管理釣りで「しゃがんだり木に隠れることで魚の視界から消える」っていうのをやっていた。
  • 超高活性なアオリイカは、キャストして空中を飛んでいるエギをチェイスする。

っていうのを思い出しましたよw。改めて魚の警戒心っていうのを思い知らされましたし、シェードやサラシを狙ったり、濁りがないと釣れない事が多いのも納得です。

んで、小さいシーバスは、本当に活発に動きます、でも、ビビりなんですねw。マリンガールに向かおうとしてサッと早く泳いだと思ったら、同速で逃げたりするw。好奇心と警戒心の両方が強く、まさに人間の子供そのものでしたw。

なので小さいシーバスが釣れるっていうのは、きっと(好奇心+空腹)>警戒心っていう状況なんだと思う。なのでアングラーとしては「実績のあるルアーでアピールし、かつ、マズメを狙い、シーバスに気付かれないように釣りをする」でイケるなぁ~と、当たり前のことを改めて感じましたw。

 

ランカーの動き、反応は遅いw

3c61fd4f8330e2c7114551cff1beef0c_s

上記の小さいシーバスとは全く反対ですねw。好奇心が弱く、警戒心は強そうw。今まで生きてきた経験から「慌てなくてもマリンガールは俺の前で小魚を渡してくれる」と知っている物腰w。ワロタw。

まー、色んなWEBサイトでも解説されてますが、ランカーシーバスは好奇心が弱く、警戒心が強い、そして、身体が巨体なので無駄な動きをしないようですね。じーっとシェードに隠れて待つw。俺かなw?

ただ、決してマリンガールの餌には無関心じゃない様子ですねw。流し目で見ている、そんな雰囲気でしたw。しかしまぁ貫禄があったなぁ~w。ずーっと泳ぎ続けるブリが同じ巨体でも騒がしいので、逆に目立ってましたw。

 

あれだけ生餌の臭いが出ても、手前まで餌が来ないと気付かない個体もいる

953cb593f837d74043ac0cd836e1ff87_s

これが謎でした。。病気で伏せっているのか、本当にマリンガールの餌やりに気付いていないのか…。マリンガールが限界まで近付かないと餌を食べようとしません。

うーん、水族館という特殊な環境で、ストレスも大きいかと考えられますが、捕食するために動かない個体も居るという事。100匹の群れに餌を投げても、100匹が全て競って餌を食べようとしないんです。でも自分の前に来た餌は食べるw。不精なのかしらw。

これを釣りに生かすのであれば、魚にルアーを見付けてもらって、追ってもらうだけじゃなく、時にはルアーを魚の前にトレースしてあげないとダメだって事でしょうかね。特にルアーフィッシングは「臭い」が無いモノが殆どですので「魚にルアーを見付けてもらう」だけじゃなく「魚にルアーを投げつける」っていう釣りも考えて損はなさそうです。

 

1餌と1魚だと落ち着いて捕食。1餌と複数魚だと競う!これが釣りで使えそう!

b207ad0aa9fc7aa00b2a326972acc13a_s

まさに「群れて戦う弱肉強食」という状況を見る事が出来ましたw。1つの餌に複数の魚が襲いかかるw。一方、1つの餌に1匹の魚が優しく「パクっ」と食べるシーンもありましたw。捕食するときにライバルが居ると「競争する」という現象が発生する訳です。1餌1匹だと競争心はゼロ。これって、つまりボイルは単発で間隔を置いて発生するよりは、同時に幾つも発生している方が高活性なんだと言えるんじゃないでしょうか?

同じボイル音の「ボコ!」でも

  • 「ボコ!…(30秒経過)…ボコ!…(20秒経過)…ボコ!」
  • 「ボコ!ボコ!…(5秒経過)…ボコ!」

では、水族館で見たシーバスの習性から、後者の音の続き方が圧倒的に「競争心」が働いているように感じます。競争心が働けば働くほど、魚は警戒心を失うハズなので、きっと釣りやすくなる。何となくそんなイメージが湧きました!

と、いうことで、アングラー、それも釣れないオッサンらしい妄想記事ですが、皆さんも台風などで海がシケたときに水族館に向かってみてはいかがでしょうか。魚種も勉強できますし、何か新しい発見があるかもしれませんぜ?つか普通に楽しいしw。人妻(ry

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(Amazonへ)

水族館ガール (実業之日本社文庫) 釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ) さかなクンの水族館ガイド (このお魚はここでウォッチ!)

この記事に登場する商品、またはオススメを紹介(楽天へ)

水族館ガール(2) [ 木宮条太郎 ]

釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド【電子書籍】[ 小西 英人 ]

さかなクンの水族館ガイド [ さかなクン ]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*