おそらく釣果が伸びやすいと思われるテクニック



072559


えーっと、ツイッターでブルーブルーさんにリツイートされて上機嫌なルアーマンです。

は?うっせーな!はよ記事を書けよ、この変態!と聞こえてきます。

分かりますよ、うん、インターネッツを通じて分かりますよ、ということで、ブルーブルーさんのジグも含めて今日は釣果が伸びやすいと思われるテクニックを紹介します!

食わせの間です

はい、これです。えー!やっぱりルアーマンって頭おかしい!と思いましたよね?それ当たり!

まず食わせの間って何?ってことなんですが、ルアーを追ってきた魚が、しっかりと咥えやすいタイミングを作ってやるって意味です。

んなこと出来るの?「でっきるっかな♪できるっかな♪」じゃねぇよ、やるんだよ!

※イメージ図です

つまりルアーを動かさない時間を作るということなんです。プラッキングならスピードダウンするタイミング、ジギング、エギング、メバリングなどはフォールなんです。

もちろんやり過ぎに注意ですよ。そらルアーなんですから当然、魚に見切られることは多くあります。

最近のエギング、youtubeでサイトフィッシングしてる動画がたくさんあると思いますが、全てのエギのフォールに確実にアオリイカは抱きついていないでしょ?

 

食わせの間を伸ばす、が正解

釣れないと焦って短くなりますよねw。連日のボウズだったり、隣が上がったり・・・。

気持ちは分かりますが、ここは焦らず、逆に落ち着いて食わせの間を伸ばす癖を付けてみてください。

例として伝わりやすいのがジギングです。キャストから手元にジグが戻ってくるまでの時間にどれだけのフォール時間を作れたか?着底後のリーリングを早めるだけじゃなく力強くシャクってジグを高らかに浮上させる。

※イメージ図です

そしてフォール。重いジグならなおさらです。エギもそうです。エギングの場合はラインが海面に浮きますから、どれだけキャストから手元に戻るまでにフォール回数を作ることができたか?

が、そのまま釣果アップにつながるといって過言はないと思います。そしてシーバスのプラッキングなんですが、思い切り力強くリーリングしたら、どんなルアーでも規則的に「ブルブル」してきますよね。

シーバスはこの「ブルブル」が崩れたときに捕食してくると言われてます。

ただ巻きで釣れる!っていうのはルアーが一定の動きをしている訳ではなく、おそらく海中の水そのものの不規則な動きでルアーがバランスを崩す、それがシーバスの捕食にスイッチONしていると考えられます。

書いててバイブレーションが得意なプロアングラーが「バイブレーションのブルブルするかしないかがベスト」と分かりやすく解説してるのを思い出しました。

 

最近のルアーは食わせの間を作ってます。

はい、ブルーブルーの紹介になります。俺っち給料日まで我慢中です。

ツイッターでも狙っていると書いていた「Blue Blue(ブルーブルー) シーライド」でございます。

BlueBlue -ブルーブルー株式会社-(https://www.bluebluefishing.com)より引用しました。

商品説明に「独自のバランスから発生する超スロー水平フォールアクションは絶妙な“食わせの間”を生み出します。」とあります。

つまりフォールさせると勝手に食わせの間を作っちゃうのは当たり前で、それが超スローということで食わせの間が他のジグより伸びてくれます。これです。

このフォールを試したくてウズウズしちゃってるんです。

商品、その他の記事を紹介

Amazonでお求めの方(商品がない場合はアマゾンの広告を表示)

Blue Blue(ブルーブルー) Searide 20g #2 ピンク Blue Blue(ブルーブルー) Searide 30g #3 マイワシ Blue Blue(ブルーブルー) シーライドミニ9g #M4アカキン




楽天でお求めの方(商品がない場合はオススメを表示)

BlueBlue(ブルーブルー) Searide (シーライド) 20g #02 ピンク

価格:789円
(2015/5/24 17:26時点)

BlueBlue(ブルーブルー) Searide (シーライド) 30g #03 マイワシ

価格:865円
(2015/5/24 17:27時点)

BlueBlue(ブルーブルー) シーライドミニ 9g #M4 アカキン

価格:699円
(2015/5/24 17:27時点)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*